おまとめローンと債務整理の年齢制限について

おまとめローンと債務整理の年齢制限について

複数の借入先がある場合に、それを一本化するためのローンに「おまとめローン」があります。
おまとめローンの申し込みをすることが出来る年齢制限については、基本的には会社により異なります。

年齢が満20歳以上であり安定した収入があるということは大前提となっていますが、
年齢の上限については会社により対応が異なりますので、あらかじめ確認するようにしましょう。

おまとめローンの申し込み条件を満たしていないという場合には、債務整理という方法もあります。
借入先を一本化し、返済管理を楽にしたり、返済総額を減らすことを目的としているおまとめローンとは異なり、
債務整理では借金額を減らすことが出来たり、借金をゼロにすることも出来ます。

手続きにあたっては、自分で行うことが出来る方法もあれば、弁護士に依頼する方法もあります。
多額の借金があり、生活に困っているという場合には、検討してみても良いでしょう。

なお、債務整理と一口に言っても、任意整理・自己破産・個人再生・過払い金返還請求の4つのタイプがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあり、手続きの方法や費用についても違いがありますので、
手続きをする前にそれらを比較・検討することが大切になります。


HOME >